家庭教師のレッスン

勉強をする時に大事なのは集中力です。でも長い時間集中力を持って勉強するのは実は大変難しいことなのです。どんな人でも、どんな事をするにしても、集中力を切らさないで何かを最後までやり抜くのは無理だと思います。自分が好きなこと、例えば、大好きなバンドの演奏や映画を観たりしている時はかなり集中して、まさに夢中になって、全身全霊を傾けて没頭してもあまり疲れは感じません。あるいは仲のいい友達と何時間でもおしゃべりを続ける至福の時には時の流れはあっという間で、もっと!と心の中で叫んでいます。 でも勉強となるとそう簡単にはいきません。先ず、勉強を始めることを先延ばしにします。何人もの学者たちが<やる気>なんてものは探してもどこにもない、と言っています。あまり考えずに、勉強の世界に入ってしまえば脳は興奮してきて、やる気が出てくる。勉強の世界に入るから、後から<やる気>が出て来るのだと。でもこの<やる気>はどのくらい持続できるものでしょうか? 持続時間は40分? 以前自宅近くで大規模工事がありました。スクラップ&ビルドで、広大な敷地に建っている古い建物を壊して、そこに新しい建物を建てるという計画で、実に2年にわたって工事が続くことになりました。このような大きな工事の場合、法律で施工者は近隣住民に説明会を開かなければなりません。月1回1年近く説明会が開かれ、多くの近隣住民が出席しました。今後日曜日を除いて、毎日朝9時から夕方5時過ぎまで、大変な騒音・振動が予想されるからです。 長いこと教壇に立ってきた私は、学生時代の集団授業に出席していた時、どのくらい緊張感を持って授業に集中できていたのか、すっかり忘れていました。自分が話をする側から、話を聞く側になった時、施工側から出席している4、5人の人たちからの質疑応答を含めた、1時間半くらいの説明会をどのくらい集中力を持って聞けるのだろうと、ある時から数回時計で計ってみました。するとどの回も判で押したように40分で飽きてきました。これからの日常生活に大きな影響をあたえる工事なのだから、しっかり話を聞いて、疑問点はして質問しなければと思っていても、40分経つと「家に帰りたい、帰ってのんびりしたい」という気持ちが湧いて来るのでした。
家庭教師の先生には中学から高校受験まで教えて頂いていました。 でも、そのことをいちいち友だちには言わなかったし、10代での友達との話題にも上りませんでした。 大学に入ってからはそのことはほとんど意識に上らず、やがて記憶から遠のいていました。...